オーバーラップ

ボールを保持しているプレーヤーを、後ろにいた味方選手が追い越していくプレーのこと。
特に両サイドのMFやDFが連携プレーのためにオーバーラップをすることが多い。
敵陣深くまで侵入したMFやDFは、パスやクロスボールなどを受けることで直接攻撃のチャンスを作るほか、守備側のチェックを撹乱する効果に繋がることもある。
ただ、諸刃の剣でもあり、サイドバックに限らずDFがオーバーラップする場合、それだけ守備が手薄になる。
連係ミスを犯した次の瞬間ピンチに陥りかねない。
そのため、些細な連携ミスが危機的状況を引き起こしやすく、DFは敵陣と自陣を往復するだけの絶対的な運動量が必要になる。

それとただむやみにオーバーラップをすればいいものでもありません。
オーバーラップにはタイミングが重要となってきます。

ますは裏のスペースが空いているときになります。
基本的にオーバーラップは攻撃の選手を増やすことで攻撃の幅を広げるプレーです。
ですので、わざわざ相手にマークされるような場所にオーバーラップする必要はありません。
相手がマークすることができないような裏のスペースに走りこめばチャンスが生まれてきます。

続いて、味方選手がパスを出す場所に困っているときです。
ボール保持者がパスの出し場がなくなって困るときがあります。
そんなときに相手の背後を狙ってオーバーラップすることによって、パスの出す場所が増えます。攻撃の選手を増やし、攻撃の幅を広げること、味方選手を助けるためにとても重要な方法です。

個々によって走るスピードが違ってきたり、チャンスだと思う瞬間は違ってきます。
自分がここだと思ったタイミングでオーバーラップするのがいいでしょう。
サッカーは多くの経験をすることで、その時々の一番良い判断ができるようになると思います。