アタッキングサード

サッカーにおけるアタッキングサードとは、図のようにピッチを3分割したときに相手ゴールに近い3分の1のスペースを指す言葉です。
サッカーでのアタッキングサードが意味するところは、攻撃の仕掛けを行っていく場所、色々な攻撃のパターンを出していくことでゴールに積極的に迫っていくプレーを見せる場所と言えます。
言い換えれば、アタッキングサードは選手個々の力を存分に出すこともできますし、チームとしての攻撃力を見せる場所でもあります。

アタッキングサードの重要性とは、1つのプレーで全てが変わるところです。
アタッキングサードとは相手のゴールに非常に近い場所を指しますので、このポジションではどこからでもゴールを狙うチャンスがあります。
このアタッキングサードという言葉の意味するのはエリア争い、ポジション争いがとても大事なものになるところです。
しかし、最終的に得点を取るには、このアタッキングサードで決定的な仕事ができる選手が必要不可欠になります。
アタッキングサードでは、相手からのプレッシャーもきついものがありますので、相当の技術が必要になるのです。
その為、アタッキングサードで活躍するにはそれだけの技量を身に付けておくことが大切です。

サッカーにおけるアタッキングサードにおいて重要視されるプレーとは、相手のゴールを脅かすような攻撃的なテクニックやアイデアになってきます。
サッカーではゴールを奪うために日々練習を繰り返すわけですが、練習通りに物事が進むこともあれば、どうやってもうまくいかない時もあります。
アタッキングサードでは個人の力を活かして攻撃を仕掛けてみたり、誰も考えていないようなパスを通すことで局面を大きく代えることができます。
アタッキングサードでは、このように決まったことをしながらもサッカー脳を使った個人の発想や力を活かすことが求められます。
もちろん、サッカーでは味方との連携があっての好プレーとなるのです。