豆知識のもくじ

生活 ・暑さに強くなる ・試合前の食事 ・熱中症対策 ・ストレッチ ・ケガの対応 ・視力低下防止 ・食事と栄養 ・オスグット病 ・集中力 ・夏バテ ・水分補給 サッカー ・1対1のディフェンスのポイント ・ディフェンスのマークのつき方 ・キックの種類 ・インサイドキック ・リフティングのコツ ・アジリティ ・ポジション ・8人制サッカーと11人制サッカー ・トラップ ・リズム能力 ・体幹 ・スピード ・空間認識能力 ・ヘディング ・ボディバランス ・瞬発力 ・インステップキック ・ウォーミングアップ ・アウトサイドキック ・クールダウン ・ダイアゴナルラン ・プルアウェイ ・サイドチェンジ ・ラン・ウィズ・ザ・ボール ・センタリング ・ギャップ ・ビルドアップ ・駆け引き ・ボディーシェイプ ・シュートコントロール ・間合い ・ジャンプ力 ・持久力 ・フリーキック ・キャッチング ・ワンツーパス ・ポストプレー ・ゲーゲンプレス ・リトリート ・フォアチェック ・視野の確保 ・重心移動 ・アタッキングサード ・ミドルサード ・ディフェンシングサード ・3人目の動き ・チェイシング ・カットイン ・シンキングスピード ・セットプレー ・デスマルケ ・コントロールオ...
More

カバーリング

カバーリングとは、味方のディフェンダーが抜かれた場合に、抜かれた後ろのスペースをカバーして 組織的に守備をすること。 カバーリングを行わなかった場合、味方が抜かれてしまったスペースから失点の可能性が高まるため、カバーリングをして組織的に守備をすることが重要になる。 カバーリングは味方選手が、相手に抜かれたその瞬間を狙ってボールを奪いに行く。 また、カバーリングに限らず、ディフェンスの基本的なポジショニングは、 ボールまたは相手とゴールを結んだ線上にいること。 常に相手とゴールを結んだ線上にいることが大切。 これを意識するだけで今よりもカバーリングがしやすくなり、 味方選手も思いきってボールを奪いにいける。
More

カバー

サッカーにおけるカバーとは、味方の守備している選手が相手にパスやドリブルで突破されたときに、他の味方の選手がすぐに次の対応に行く、あるいは、すぐに守りにいけるポジションをとる。という意味。 カバーで特に大切なことは『プレーの予測』と『味方への思いやり(気配り)』です。 片方だけでは不十分。普段の練習から両方を意識できたら良い。 カバーとは、味方選手の背後や移動した後にできる、相手に狙われやすいスペースを注意して守ることを言う。 それ以外にも、味方の選手が相手の選手に攻撃を仕掛けたときのこぼれ球をすぐに拾いに行ったり、味方選手が相手選手に抜かれたしまった時にすぐに守ることができるようにしておくことを言う。 簡単言うと、仲間同士でフォローし合う、支え合うということ。
More

スイッチ②

スイッチとは『ボールや人の受け渡し』と『攻守の切り替え』という2つの意味がある。 (スイッチとは、交換する・転換する・切り換えるという意味ですね。) スイッチの2つ目の意味の『攻守の切り替え』は攻撃と守備をスイッチする・攻撃と守備を切り換える。 サッカーでは攻撃のスイッチ・守備のスイッチという言葉を使う。 攻撃のスイッチ 攻撃のスイッチとは『攻撃に移るための始まり。』 相手の様子を見ながらゆっくりとパス交換をしている中でいきなり攻撃のスイッチを入れることで相手のスキを突き得点にも繋げられるということ。 守備のスイッチ 守備のスイッチとは『ボールを奪う守備の始まりのプレー。』 前線でのフォワードのプレスやチェイス、インターセプトを狙う、などが守備の始まりとなるよう、相手からボールを奪う準備をしているということ。
More

スイッチ①

スイッチとは『ボールや人の受け渡し』と『攻守の切り替えと』いう2つの意味がある。 (スイッチとは、交換する・転換する・切り換えるという意味ですね。)   スイッチの1つ目の意味の『ボールや人の受け渡し』はボールや人をスイッチすること・ボールや人を交換すること、受け渡すことからきている。   ボールのスイッチ ボールを持っている選手とボールを持っていない選手の2人が交差するように動き、ボールの受け渡しをすることがボールのスイッチ。 このプレーがサッカーではスイッチプレーと呼ばれることもある。 2人が交差することで相手のマークが一瞬戸惑うので、その瞬間を突いて上手くマークを外せるのがスイッチプレーの利点。   人のスイッチ サッカーでの人のスイッチとは簡単に言うと、マークする人の受け渡しということ。 サッカーはある程度ポジションが決まっているスポーツなので(マンマークは別)、自分のポジションでマークしていた相手選手が動き出したら味方に受け渡すようになっている。 この受け渡しが人のスイッチであり、人の受け渡しであり、マークの受け渡しということ。  
More

オーバーラップ

ボールを保持しているプレーヤーを、後ろにいた味方選手が追い越していくプレーのこと。 特に両サイドのMFやDFが連携プレーのためにオーバーラップをすることが多い。 敵陣深くまで侵入したMFやDFは、パスやクロスボールなどを受けることで直接攻撃のチャンスを作るほか、守備側のチェックを撹乱する効果に繋がることもある。 ただ、諸刃の剣でもあり、サイドバックに限らずDFがオーバーラップする場合、それだけ守備が手薄になる。 連係ミスを犯した次の瞬間ピンチに陥りかねない。 そのため、些細な連携ミスが危機的状況を引き起こしやすく、DFは敵陣と自陣を往復するだけの絶対的な運動量が必要になる。 それとただむやみにオーバーラップをすればいいものでもありません。 オーバーラップにはタイミングが重要となる。 まずは裏のスペースが空いているときに行う。 基本的にオーバーラップは攻撃の選手を増やすことで攻撃の幅を広げるプレー なので、わざわざ相手にマークされるような場所にオーバーラップする必要はない。 相手がマークすることができないような裏のスペースに走りこめばチャンスが生まれる。 味方選手がパスを出す場所に困っているときは、 ボール保持者がパスの出し場がなくなって困るときがある。 そんなときに相手の背後を狙ってオーバーラップすることにより、パスの出す場所が増える。攻撃の選手を増やし、攻撃の幅を広げること...
More

インターセプト

インターセプトとは、 相手選手が出したパスボールをほかの選手に届く前にカットする行為。 守備から攻撃へ切り替える重要な起点となるため、カウンター攻撃へのチャンスに繋がることが多い。 守備から攻撃に切り替わるトリガーのような技術です。 このインターセプトを得意になれば、カウンターをいつでも発動できることになる。 和訳は、遮断する、迎撃する。 サッカーでは、パスをしている相手のボールを奪うことを言う。 パスカットとも言われるが実はこれ、和製英語。 本当は、海外でも通用するインターセプトの方が正しい。 「カット」は同義語でもあるが、インターセプトがパス時(相手の足からボールが離れた時)のみ を指すのに対し、「カット」は相手のドリブル時やキープ時などでのボール奪取をも含む。   インターセプトでとても重要なのは予測。 相手がどうするか、どこにパスを出すのかを考える必要がある。 大事なのは、相手に気づかれないようにすること。
More

アーリークロス

アーリークロスとは、敵陣深くまで攻め込んだ位置からではなく、 相手の陣地の浅い位置からクロスボールを上げること。   相手のディフェンスラインが自分のゴール方向に走っている場合に、アーリークロスが有効。 これによって、早い段階で味方フォワードにパスをすることができる。   アーリークロスは相手のディフェンスラインの裏を目標として、 サイドから中央方向に上げられるパスを意味する。   フォワードと相手ゴールキーパーの1対1の状況を作りやすくするなどの 効果があるとされている。
More

アイコンタクト

アイコンタクトとは、味方同士で声を出さずに、目線を合わせることで意志の疎通を行なうこと。 声を掛け合って指示を伝え合うと、相手に聞こえてしまい、戦術が見抜かれてしまい。 そのため、アイコンタクトで連携を取ることによって、戦術が見抜かれてしまうことを防ぐことができる。 アイコンタクトは野球のサインとよく似ていますが、目線だけで次に行なう戦術を決めるので、 より高度な技術になる。 例えば、ボールを持っている選手がボールを持っていない選手に目線を送ることでパスを送ると 合図したり、逆にボールを持っていない選手がボールを持っている選手に目線を送ることでパス が欲しいと合図したりする。 声を出さずに敵に気づかれないようコミュニケーションする最も基本的な手段であるが、 お互いの考えていることを想像により補わなければならず相手(のプレー)を良く知っている必要がある。 さらに連携プレーの熟練度が高くなったりするとお互いにアイコンタクトしなくても意思の疎通が できることもある。
More

オン・ザ・ボール

オン・ザ・ボールとはボールを保持している選手あるいはその状態のことです。 オン・ザ・ボールのスキルは非常に大切ですが、そればかりでは高いレベルでプレーできません。それは、オフ・ザ・ボールの動きが悪いと、オン・ザ・ボールのスキルが思うように発揮できないからです。オンとオフ、プレーとして連続しているものと考えてトレーニングするのが良い。 オン・ザ・ボールに必要な技術 ・敵に奪われないようキープする 相手はボールを奪いに来るわけですから、それを回避します。具体的にはボールを蹴られないように相手から離す、あるいはボールに体を入れられないよう体を当てることなどが考えられる。 ・周囲の状況を見て判断する ドリブルできるか、パスコースはあるか、フリーな選手がいるか、チャレンジするべきか、ポゼッションするべきかなど。周囲の状況から次の流れを考えてアクションを起こす。状況に応じて臨機応変に対応することが求められる。 オン・ザ・ボール時にはキープとルックアップ(顔をあげて周囲を見渡すこと)の両方を行う。 相手からのプレッシャーをかわし、足元にあるボールを操り、かつ広くフィールドを見ることが必要になる。  
More