エンゴロ・カンテ

エンゴロ・カンテ(1991年3月29日 -)は、フランス・パリ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・チェルシーFC所属。フランス代表。ポジションはミッドフィールダー ピッチの広範囲をカバーする圧倒的な運動量を持ち、90分間走っても質が落ちない体力を持つ(幼い頃から、圧倒的な体力を誇っていた)。DFでは無い上に、体格も小柄であるが、ボール奪取能力に非常に長けており、その技術は世界一とも称される(体の使い方が上手く、体格からは想像もできないほどのプレス力を誇る。また、抜かれた時の切り替えが非常に速い)。攻撃面においてもキープ力やパス等の質が高く、相手からボールを刈り取ったあと自ら運んでカウンター攻撃の起点となり、フィニッシュにまで絡むことができる。また、あまりシュートを打つ場面はないが、その局面が訪れた場合は強力なシュートを打つことができる
More

豆知識のもくじ

生活 ・暑さに強くなる ・試合前の食事 ・熱中症対策 ・ストレッチ ・ケガの対応 ・視力低下防止 ・食事と栄養 ・オスグット病 ・集中力 ・夏バテ ・水分補給 サッカー ・1対1のディフェンスのポイント ・ディフェンスのマークのつき方 ・キックの種類 ・インサイドキック ・リフティングのコツ ・アジリティ ・ポジション ・8人制サッカーと11人制サッカー ・トラップ ・リズム能力 ・体幹 ・スピード ・空間認識能力 ・ヘディング ・ボディバランス ・瞬発力 ・インステップキック ・ウォーミングアップ ・アウトサイドキック ・クールダウン ・ダイアゴナルラン ・プルアウェイ ・サイドチェンジ ・ラン・ウィズ・ザ・ボール ・センタリング ・ギャップ ・ビルドアップ ・駆け引き ・ボディーシェイプ ・シュートコントロール ・間合い ・ジャンプ力 ・持久力 ・フリーキック ・キャッチング ・ワンツーパス ・ポストプレー ・ゲーゲンプレス ・リトリート ・フォアチェック ・視野の確保 ・重心移動 ・アタッキングサード ・ミドルサード ・ディフェンシングサード ・3人目の動き ・チェイシング ・カットイン ・シンキングスピード ・セットプレー ・デスマルケ ・コントロ...
More

チアゴ・アルカンタラ

プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。スペイン代表。ポジションはMF。 ポジションはミッドフィルダーを務めることが多く利き足は右足。 球種も多彩で、攻撃を加速させるテンポの速いパスや、ゲームを落ち着かせる一息付いたパスでリズムを作りながら、相手の意表を突くふわりと浮かせたパスでゴールを演出する。 なにより、それらのパスを使い分けるセンスが抜群で、ピッチの上で起きていることを読み取りながら最も効果的なパスを選択してゲームを支配する。 キープ力も桁違いで、“運ぶドリブル”が非常に巧い。 切り裂くような高速ドリブルは難しいが、 身体を巧みに使い密集地帯でも失うことなくボールを前進させることができる。 もし前を向いていない状態でボールを受け取っても、後ろにも目があるのではないかと思わせるほどの華麗なターンで相手をかわしパスコースを独力で生み出す。 父親のマジーニョはサッカーブラジル代表として1994 ワールドカップ優勝経験を持つ。母親のバレリア・アルカンタラはかつてバレーボールの選手だった。弟のラフィーニャもブラジル代表でプレーするプロサッカー選手。従兄弟のロドリゴ・モレノ・マチャドもリーズ・ユナイテッドFCでプレーするプロサッカー選手である
More

マヌエル・ノイアー

ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。ドイツ代表。ポジションはゴールキーパー。クラブと代表でキャプテンを務めている。 「スイーパー=キーパー」の第一人者としてポジションの概念を変えたと称される、現代GKの象徴的選手。 シュートへの鋭い反応と、強肩を生かした素早いフィードが武器。 FIFAワールドカップ、ブンデスリーガ、UEFAチャンピオンズリーグ、FIFAクラブワールドカップなどの主要タイトルを制した同時代の世界最高のGKにして、史上最高のGKの1人に数えられる。 「GKの技術と戦術に優れているのはもちろんだが、特にGKとしてのメンタリティー。彼にはオーラがある。ゴールディフェンスの場面でボールに対して素早いダイビングを行う力強さやアスレチック能力、1対1のところでも躊躇のない判断力もずば抜けている」と評価を受けている。   2011年3月12日、ブンデスリーガの第26節の試合前に、ノイアーのチームメイトである内田篤人が前日に日本で起きた東日本大震災の被災地に向けメッセージを送るためにメッセージ入りのユニフォームを持っているのを見て「日本へのメッセージか。今日それを見せるのか」と問いかけたところ、内田が「勝ったら見せようと思う。負けたら見せない」と答えたので「じゃあ勝つ。僕が守るから今日は勝てる」と声をかけた。試合はノイアーのアシストもあり宣言通りシャル...
More

ロベルト・レヴァンドフスキ

ロベルト・レヴァンドフスキ(Robert Lewandowski, 1988年8月21日 - )は、ポーランド・ワルシャワ出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。ポーランド代表。ポジションはフォワード。 2019-20シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞受賞者であり、6度のブンデスリーガ得点王、2019-20シーズンにはブンデスリーガ新記録となる11試合連続ゴールを記録している。また、ブンデスリーガにおける1シーズンでの最高得点記録(41点)保持者である。ナショナルチームでは、ポーランド代表の歴代最多得点記録の保持者で、ワールドカップ予選で16ゴールを決め、予選最多記録保持者である。 2010年代においては、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドに次いで多いゴールを決めた選手である。また、2021年にはベスト・ストライカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。 2010年7月1日、ドイツのボルシア・ドルトムントと4年契約を結んだ。移籍金は400万ユーロ。2010-11シーズンはリーグ優勝を飾ったが、絶対的エースのルーカス・バリオスの前に途中出場がほとんどだったものの8ゴールを決めた。 2014年7月1日からバイエルン・ミュンヘンに加入した。契約期間は2019年6月30日までの5年契約となる。2015-16シーズン、2015年9月22日のヴォルフスブルク戦で...
More

久保 建英

久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、日本のサッカー選手。 スペイン・プリメーラ・ディビシオン・RCDマジョルカ所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。 2004年3歳の時、サッカーを始める。2009年8月、パンフレットに「MVPに選出された選手はバルセロナと試合が出来るチャンスが与えられる」との告知を見て参加したFCバルセロナキャンプ(2007年より日本国内で毎年開催)でMVPを獲得。 小学校3年生の時に川崎フロンターレの下部組織に入団。 2011年8月、FCバルセロナの下部組織カンテラ(ラ・マシア)入団テストに合格し、スペインに渡る。10-11歳で構成されるアレビンCに入団した。 しかしFCバルセロナがFIFAから18歳未満の外国人選手獲得・登録違反による制裁措置を受け、この影響により久保の公式戦出場停止処分が続いたため、2015年3月に日本へ帰国してFC東京の下部組織に入団した。 2016年、中学3年ながらFC東京U-18に飛び級で昇格。日本クラブユースサッカー選手権では飛び級で出場し、大会史上初となる中学生ながら得点王(5得点)に輝いた。9月、FC東京のトップチームに2種登録される。 同年11月5日に行われたJ3リーグ第28節・AC長野パルセイロ戦に後半開始から出場し、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えた。 5月3日、トップチームデ...
More

アントワーヌ・グリーズマン

アントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann; フランス語発音: [ɑ̃.twan ɡʁiɛzman] "On-twan Gree-ez-man"、1991年3月21日 - )は、フランス・ブルゴーニュ地域圏マコン出身のサッカー選手。アトレティコ・マドリード所属。フランス代表。ポジションはフォワード。 グリーズマンは1997年に地元アマチュアクラブのECマコンでサッカーを始めた。マコン在籍時、プロクラブの入団テストを何度が受験したが、いずれも体のサイズが基準に達していないという理由で軒並み不合格とされた。転機となったのは、2005年に参加したASサンテティエンヌのトライアルである。パリ・サンジェルマンFCのユースチームと対戦したサンテティエンヌのトライアル生として大会に参加していた所、レアル・ソシエダのスカウト、エリク・オルハツに才能を見込まれ、レアル・ソシエダでの1週間のトライアルに挑戦した。 プレミアリーグのアーセナルやトッテナム・ホットスパーなどからオファーがあったものの、2014年7月28日、アトレティコ・マドリードへの移籍合意が発表。翌29日に正式に移籍が発表された。契約期間は6年。 2019年7月12日、FCバルセロナが1億2000万ユーロの契約解除金を支払い、同選手が5年契約を結ぶことを発表した。 バルセロナでは全体としてチームにフィットしき...
More

モハメド・サラー

モハメド・サラー( アラビア語: محمد صلاح حامد محروس غالى‎; エジプト・アラビア語発音: [mæˈħam.mæd sˤɑˈlɑːħ ˈɣæːli], 英語: Mohamed Salah Hamid Mahrous Ghali, 1992年6月15日 - )は、エジプト出身のサッカー選手。リヴァプールFC所属。エジプト代表。ポジションはフォワード。 母国でプロキャリアをスタートさせたサラーは、スイスのバーゼルを経て、2014年1月にチェルシーに加入し、同クラブ初のエジプト選手となった。だが、出場機会を得られず、フィオレンティーナやローマに期限付き移籍。 2016年8月にはローマに完全移籍し、公式戦41試合で19ゴールを記録すると、2017年6月にリバプールに活躍の場を移した。 抜群のスピード、巧みなボールコントロールを持ち合わせるストライカーは、エジプト代表にも名を連ね、2017年のアフリカ年間最優秀選手賞に輝いている。  
More

キリアン・ムバッペ

キリアン・エムバペ・ロタン(Kylian Mbappé Lottin, フランス語発音: [kiljan (ɛ)mbape]; 1998年12月20日 - )は、フランス・セーヌ=サン=ドニ県ボンディ出身のサッカー選手。フランス代表。リーグ・アン・パリ・サンジェルマン所属。ポジションはフォワード。 リーグ・アンのモナコで2015年に16歳でプロデビューした。 モナコでは2016-17シーズンにリーグ・アン優勝を達成し、リーグ・アン年間最優秀若手選手賞、ゴールデンボーイ賞を受賞した。 2017年にはリーグのライバルであるパリ・サンジェルマンと最初のレンタル契約を結び、 2018年には1億8,000万ユーロ+αの移籍金で完全移籍した。 この移籍金は歴代2位、10代の選手としては史上最高額であった。 フランス代表としては2017年、18歳の時にフル代表デビューを果たした。 2018 FIFAワールドカップでは、フランス史上最年少でのワールドカップでの得点を達成。 決勝戦でもゴールを挙げ、ペレに次ぎ史上2人目のワールドカップ決勝戦で得点した10代の選手となった。 【リーグ戦記録】 2015-16 モナコ(フランス) 11試合・1得点 2016-17 モナコ(フランス) 29試合・15得点 2017 モナコ(フランス) 1試合・0得点 2017Aug. パリ・サンジ...
More

ネイマール

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、 ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。ブラジル代表。 リーグアン・パリ・サンジェルマン所属。ポジションはフォワード。 ネイマール(Neymar)、ネイマール・ジュニオール(Neymar Jr.)として知られる。 サントスでは2度のカンピオナート・パウリスタ、コパ・ド・ブラジル、コパ・リベルタドーレス優勝、2度の南米年間最優秀選手賞を受賞。 バルセロナでは2度のラ・リーガ、3度のコパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップ優勝。 パリ・サンジェルマンでは3度のリーグ・アン、3度のクープ・ドゥ・フランス優勝を経験した。 2017年のパリ・サンジェルマンへの移籍では史上最高額の2億2200万ユーロ(約284億円)の移籍金が支払われた。 ブラジル代表は18歳でデビューし、ペレに次ぐ2位の得点記録を更新している。 2013年FIFAコンフェデレーションズカップではゴールデンボールに選ばれた。 2016年にはリオ五輪にOA枠で出場し、金メダルを獲得。 世界で最も著名なスポーツ選手の一...
More